Lagarith codec v1.3.17 ICLビルド

Lagarith codec v1.3.17

v1.3.17のソースが公開されたのでICLでビルドしてみました。速度向上は1%程度*1と誤差レベルですが、気が向いた方はお使いください。なお、Pentium 4(SSE2)版と、新しめのCore 2 Duo(SSE4)版を用意してあります。Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ (x86)が必要です。

以下ベンチマークです。最近流行らしい、UtVideoも並行して検証して見ました(あくまで自分の使う用途に合わせて)。

ベンチマーク

ソースは実写、30秒程度、30000/1001、インタレ、ノイジーで同じシーン多め。
なお、utVideoの実行には、

converttoYUY2(interlaced=true)

をかませています。

Pentium 4 HT
公式     00:22.979 (43.56 FPS)
自ビルド 00:21.858 (45.80 FPS)

utVideo  00:23.175 (43.19 FPS)
Core 2 Duo
公式     00:12.247 (81.73 FPS)
自ビルド 00:11.748 (85.21 FPS)

utVideo  00:10.747 (93.14 FPS)

*1:v1.3.15dev以前の時には公式のビルドオプションに恐らく問題があり、遅かったのですが、v1.3.16からビルド環境が代わったようで、こちらのビルドと相違なくなってしまいました。今回はとりあえず、ビルドしてしまったので公開しますが、以後は余程の差が無い限り公開しないでしょう。